Mobile Computing Lab at NAIST:About

From Mobile Computing Lab at NAIST
Jump to: navigation, search

__NOTITLE__


講座概要

奈良先端科学技術大学院大学 ソフトウェア基礎学講座 伊藤研究室では,高度交通システム(ITS),クラウド・グリッドコンピューティング,モバイルコンピューティング等の研究分野において,効率の良いアルゴリズムおよび使いやすいシステムの設計開発を目的とし,対象問題の定式化とそれを解く手法の考案,実機及びシミュレータ上での評価を通して研究教育を行っています. 高度に情報化された現代社会では,私たちの身の回りに多数の計算機が存在し,これらの装置がネットワークを通して協調して動作することで,人々に有用なサービスを提供します.このような複雑なシステムでは,分散処理を行うアルゴリズムや通信プロトコルをいかにうまく設計するかが,システム全体の効率,コスト,信頼性,拡張性等の点で重要になります.本講座では,実社会において実際に使用できる現実的なシステムの構築を目指し,問題の発見,定式化から,アルゴリズム設計,実機上での実装,評価までを行います.


主な研究分野

高度交通システム(ITS)

高度交通システムの普及により,DSRCやVICSなどの狭域通信機が設置されるとともに,車載情報機器の普及率も高くなっている.車載情報機器を利用した情報伝搬,都市センシング,安全支援など,多種な研究を本研究室で行っています.

過去の研究トピック:(i) 車車間、路車間の通信を用いた効率のよい情報配送,(ii)危険通知のための協調センシング,(iii) 複数観光地を各種制約のもとで巡回する最適なスケジュールの作成支援機能とナビゲーション機能を提供するシステムP-Tour ( http://ptour.naist.jp/ ),(iv) 駐車場における混雑緩和のための多数車両同時ナビゲーションシステム,(v) 指向性アンテナやビデオカメラを利用した複数車両の協調による死角歩行者検知・通知システム

クラウド・グリッドコンピューティング,P2P

携帯端末の処理性能の向上により,サービスの実現に必要となる処理の大部分をインターネット上のサーバで実現するクラウドコンピューティングが注目されています.処理を行うデータセンタは,多数の計算ノードから構築され,多数の計算ノードを使用して行われる計算のスケジューリングが,処理性能や電力効率の面から重要となってきます.過去の研究トピック:(i) PCグリッド環境での市場原理に基づいた資源共有方式,(ii) MMORPGにおける不正検出,(iii) 多種の端末に対するピアツーピアビデオ配信

モバイルコンピューティング

モバイルコンピューティングは,多数の動き回る端末間で無線通信を利用してサービスを実現する方法について研究します.バッテリ容量が限られているため,電力消費について特によく考える必要があります.過去の研究トピック:(i) BitTorrentの仕組みにヒントを得た,無線ネットワークにおける協調ダウンロード (ii) 被災地におけるDTN(遅延耐性ネットワーク)に基づいた情報収集・共有方式 (iii) DTNアプリケーション(すれ違い通信による口コミ情報交換など)

センサネットワーク

センサネットワークは,多数の無線通信機能を持ったセンサノードを対象地域にばらまき,環境情報などを収集します.通常各ノードの位置は一定ですが,各ノードの計算能力やバッテリ容量が非常に限られており,モバイルコンピューティングとまた違った手法が必要になります.過去のトピック:(i)水中センサネットワークにおけるセンサ位置推定,(ii) 歩行者・車両による都市の環境情報センシング,(iii)画像を扱うWMSNにおけるデータフュージョン